忍者ブログ
  • 2019.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/05/23 18:17 】 |
作詞って
作詞をしてて思うこと。

作詞は生物のスケッチに似てる気がするんです。

『作詞本』というのを読ませていただいた時に、それにも書いてあったんですが、
歌詞は共感できるものじゃないといけないんですって。

だから、ヒット曲もあらためて読んでみると普通の、ありふれた女の子が主人公だったり
するみたいです。

生物のスケッチって嘘を書いちゃいけないって某F木先生がよく言ってるじゃないですか。
作詞もそうだなーって。

だから・・・だからっていうのも変なんだけど、私は結構自分の体験?気持ち?
とかを歌詞にすることが多いです。

何かね、『胸がしめつけられる』とか『胸が苦しい』とかよく歌詞にあるじゃないですか。
あれって本当だと思う(笑)

でも残念ながら私はまだなんというか、いわゆる『両想い』というのになったことがないので、
だいたい私の歌詞は暗い・・・というか苦しんでますww

逆にくっついてる設定で作詞すると気に入らなかったりする。

うーん。難しいですねえ・・・

『片想い』ソングってきゅーってなるよね。
『キュン』じゃなくて。

それが伝えられなかったり、伝えちゃいけない恋ならなおさらだと思う。

はぁー・・・難しいよお。


だから尾崎豊さんの『I LOVE YOU』って練習してて泣きそうになるww

ほんとあれは素晴らしすぎるよ。

あーぁ今日は久々の更新なのになんだか恥ずかしい内容になっちゃったよ!(笑)

羞恥心で居た堪れなくなったら消しちゃうかもしれないですw

読んでくださって有難うございました。

ではではノシ


拍手[1回]

PR
【2010/09/23 22:51 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<「恋」という形 | ホーム | 果たして・・・>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>