忍者ブログ
  • 2019.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/07/22 00:15 】 |
第一回 「横須賀ストーリー」
さぁ、やって参りました!!
歌詞読解。

第一回は我らが百恵ちゃん、そして阿木先生の…

横須賀ストーリー

でございます。

元はというと、学校の作文に書いていたものなんですが、いかにせん国語の先生に提出していいものなのか。
と思いこちらに投稿。

原稿用紙5枚に渡るのでご注意。(長さ的な意味で)

では始まり始まりー

まずこちらの歌詞をご覧ください。
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36106
(著作権云々で歌詞は書かない方が良いかと思いまして;;)

まず大まかにA、Bメロについて。

Aメロは比較的ゆるやかで、音の高低も激しくないですから、ここは「回想」の場面かな。
BメロはAに比べ、流れるようで、音の高低もあります。ですからここは「今の気持ち」ですかね。

AとBの間にサビが挟まっているところがまた時制の違いを強調しているような…
そういえば、A→サビ→Bっていう曲の流れって珍しい気が。
ついついA→B→サビにしてしまいがちだけど。
竜童さんすげー!

さてさて、話がそれましたが、次に順番に見ていきます!

1番:
Aメロ;「見知らぬ人」・・・「あなたの中の」とあるので他人ではない!
では誰だ??
→わたしの知らないあなたの一面
「街」・・・おそらく都会のことでしょう。

⇒なんらかの理由で(仕事か、はたまた女か、趣味か…)都会に染まったあなたは以前とは違う、私の知らない人…。
私とは遠く離れてしまった。という疎外感を言っている。

Bメロ;「今も海が見えるでしょうか」・・・横須賀なんだ、海は絶対見えるはず!(ちょっと歩けば)
見えないはずはない・・・ではなぜ疑問型?
「海」・・・ただの海じゃぁないっ!この海は二人が出会い、過ごした思い出の場所なのでしょう・・・。

⇒気持ちが離れてしまった今でも、あの海は同じように見えるだろうか・・・。


はぁ・・・1番だけでもなんと切ないことでしょう…
でも私は2番が凄い好きですね。

2番:
Aメロ;「話しかけても・・・重ねる人」・・・あなたがすっかり都会に心を奪われ、私<都会となっている訳です。
「熱いミルクティー・・・しまいました」・・・悲しみで甘いミルクティーが胸にしみます・・・     

⇒あなたは私の心からはすっかり離れてしまった。しかし私はただ待つのみ。
悲しさで、ゆっくりとミルクティーを飲んでいる時間さえ苦痛にしか感じなくなってしまった・・・。

Bメロ;「あなたの心を横切る」・・・自分から気持ちを伝える

⇒もう、待たずに自分からあなたに気持ちを伝えれば、昔のように戻れるかもしれない。と迷っている。


あぁ・・・なんて・・・深いんだ・・・
ミルクティー急に出てくるとことか、なんかもう凄いよね!センスっつーか。
さてさてお次は3番。

3番:
Aメロ;「心だけ」・・・旅立つ訳ですから「心は一緒でも」というのなら分かりますが、ここでは「心だけ」。
→同じ場所に居ても、あなたの心は都会とあり、私と一緒ではない。

⇒いつもそばにいても心は離れてしまって、私は置いてきぼりで気持ちは通わないばかり・・・

そこで、ついに私はあなたに気持ちを聞くことにするのです!(サビ)

「もう私達はこれっきりですか。」と。

                 しかし!!!


本当にこの時、私は聞いたのでしょうか。

Bメロ;「そう言いながら今日も・・・」・・・もしかしたらこの時は言えなかったのでは!?


さてさて、皆さん、そうすると今度は冒頭のサビが面白いことになってきます。

では今までの流れをまとめます。

ここで重要なのが、


時は逆に流れている!!!


です。

つまり、冒頭サビ→1番→3番ではなく3番→1番→冒頭サビと話は流れているのではないでしょうか。

~まとめ~

横須賀で出会い、日々を重ねた二人。
しかし、いつしかあなたは都会に心を寄せてしまっていた。(仕事、はたまた女、趣味)
不安を感じた私はあなたに気持ちを聞きたかったが聞けずにいた。
そうしている間にもあなたの気持ちはどんどん遠くへ行ってしまって、あなた自身もすっかり変わってしまった。
ついに私はこらえきれずにあなたに気持ちをぶつける。
もう私達はこれっきりなのだろうかと。



この最後の部分が冒頭のサビです。

ですから、この曲で二人の結末は誰にも分からないままなのです!
これが横須賀でのまだ終わらない物語。


おわり



第一回終わりましたっ!

今回はこの「時は逆にバージョン」をアップしましたが、実は他にも2、3個考え方が浮かんでるんですけどね;
とりあえず今回はこんな感じです^^

いやあ、どの曲も阿木さん、竜童さんご夫婦のコンビネーションは凄い・・・
そして百恵ちゃんの歌い方がまた凄い・・・

尊敬しっぱなしですよー

また阿木さんの歌詞で読解したいですね。


第2回予定は・・・RAGやりたいですね^^

ではまた!

拍手[0回]

PR
【2010/08/24 12:43 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<果たして・・・ | ホーム | 曲一覧>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>